Obscure Desire Of kanna・Lacey

kanna・Laceyの密かな愉しみ

2017.03.29 Wednesday

3月 2017

0

    五種類あるスミレのうちの一種が咲きました。

    昨年、勝手にどこからか種が飛んできて、根付いたスミレです。

    とても淡いうすいスミレ色。


    携帯電話を買い換えて、まだいまひとつ使いこなせない内臓カメラで撮りました。


    色々不便はあるけれど、ここに書けて良かった(^^)





    2016.05.21 Saturday

    百年の孤独

    0
       5月12日、蜷川幸雄さんが亡くなった。
      16日の告別式、TVで放送されていた様子を観て、涙がボロボロ溢れた。

      たくさんの蜷川作品のほんの一部しか拝見したことがないが、その独特な世界観に
      感動し魅了された。

      蜷川氏に見出された数々の名優や仕事を共にされた方々のお話から、氏がどれほど厳しかったか、愛情あふれる方だったか、舞台への情熱が強かったか、命をかけられていたか…などなど、本当に本当に素晴らしい才能の持ち主であり、心の豊かな方だったかが、素人の私にも伝わってくる。

      なかでも一番泣いてしまったのは、1997年「 身毒丸」に大抜擢された藤原竜也さんの弔辞だった。

      それまでアングラな小さな芝居小屋で観ていた寺山修司氏の作品。
      それが「世界の蜷川 」氏の演出と豪華なキャスティングでどんな風になるのだろう?
      子どものようにワクワクドキドキして観に行ったことを憶えている。
      色彩、陰影、役者の表情、声、しぐさ…
      寺山氏の生きていた時代に観ることが出来ずにもうそれは決して叶うことが出来ないけれど、観てもないのに、寺山修司氏の作品世界を再現してくれたのだと思った。

      まだ14、5歳の舞台経験皆無の新人だった藤原竜也さんは、人格否定されるほどの厳しい稽古を経験したと聞いた。
      それが「憎しみしかない 」という言葉につながったのか…
      「 泥水に顔をツッコんでもがいて、苦しんで、本当にどうしようもなくなったときに手を挙げろ。その手を俺が必ず引っ張ってやるから」
      この言葉に、本当に蜷川氏の愛を感じた。今文章を読んでも泣けてくる。
      さらに、
      「 1997年、蜷川さん、あなたが僕を産みました」
      と言っている。
      「 身毒丸」のキャッチコピーを思い出した。「おかあさん、もう一度僕を妊娠してください 」
      蜷川さんと二度と仕事は出来ない哀しみや辛さが本当に伝わった。

      私達はまた一つ、素晴らしい宝を失ってしまった。


      (藤原竜也さん弔辞全文)

      「その涙は嘘っぱちだろ?」と怒られそうですけど、短く言ったら長く言え。長くしゃべろうとすれば、つまらないから短くしろと怒られそうですけど。まさか僕がきょうここに立つことになろうとは、自分は想像すらしてませんでしたよ。最期のけいこというか、言葉で弔辞。5月11日、病室でお会いした時間が最期になってしまうとは…。

       先日、公園で一人『ハムレット』のけいこの録音テープを聞き返していましたよ。恐ろしいほどのダメ出しの数でした。瞬間にして心が折れました。「俺のダメ出しでお前に伝えたことは全て言った。今は全て分かろうとしなくていもいい。いずれ理解できる時がくるから、そうしたら少しは楽になるから。アジアの小さな島国の小さい俳優になるなと。もっと苦しめ、泥水に顔をツッコんで、もがいて、苦しんで、本当にどうしようもなくなったときに手を挙げろ。その手を俺が必ず引っ張ってやるから」と蜷川さんそう言ってましたよ。

       蜷川さん、悔しいでしょう、悔しくて泣けてくるでしょう。僕らも同じですよ。もっと一緒に居たかったし、仕事もしたかった。たくさんの先輩方、同志の方々がたくさんきてますね。蜷川さんの直接の声は、もう心の中でしか聞けませんけれども、蜷川さんの思いをここにいる皆でしっかりと受け継いで頑張っていきたいと思います。

       気を抜いたら、バカな仕事をしてたら、怒ってください。1997年、蜷川さん、あなたが僕を産みました。奇しくもきのうは僕の誕生日でした。19年間、苦しくも…、まぁほぼ憎しみしかないですけど、最高の演劇人生をありがとうございました。蜷川さん、それじゃあまた。






      出典元:
      http://laughy.jp/1398247658187103738

      2016.03.01 Tuesday

      今日の私の運勢

      0
        とてもハッピーな結果でした♡

        総合運★★★★☆
        恋愛運★★☆☆☆
        仕事運★★★★★
        金銭運★★★★☆

        何のために自分がこの仕事をしているのか。この仕事をすることで、どんなふうに社会に貢献できているのか。今日は、そういうことがクッキリと見えてきそう。仕事に誇りを持つことができるのです。それを人に話すことで、さらに充実が深くなるでしょう。


        2015.04.04 Saturday

        桜 2015

        0
          2015 4 4

          毎年恒例の○さんpresentsのお花見。
          今年も参加させていただいた。

          一期一会。

          昨年お会いした方。
          今年もお会いできた方。
          出来なかった方。
          今年 初めてお会い出来た方。

          毎回、集合写真撮りたいと思う。
          けど、撮ったことはない。
          一度だけ…何年前だったか…ずらっと並んで撮った時は、なんと撮影者があの、××さんだった!
          ミーハーな私は、その方とも撮りたかったくらいだ。
          なのにその方が撮影してくださったからその方の写真がない。

          やっぱり自撮り棒かな!

          …なんで、こう私は写真を撮りたいと思うのだろう…
          精巧に出来たアンドロイド…ネクサス2000なよではないかと思う…
          もう15年も経ってしまったから、そろそろ老朽化してきて、最近は左耳が聴こえなくなった、、、。

          話がそれまくり!

          もとに戻す。

          今年の面々…。

          主催のMさん(男性)
          そこにKさん、Yさんが加わり
          豪華! バンバータ状態ではありませんか!!

          Iさん
          画伯。
          お酒の席でよくお会いする方。私のくだらない話を聞いてくださいます。

          ×さん
          カメラマン?
          昨年初めてお会いした。
          (あ!ライブ会場にもいらっしゃった?
          スターパインズカフェで、ぬいぐるみが飛んだ時…?)

          Zちゃん
          女子会するお友達。
          采配上手。話上手。

          Mちゃん
          よくライブ会場でお会いする楽しい方。


          Hちゃん
          間違えてNちゃん と言ってしまった。ごめんなさい!知ってるよ、Hちゃんだって!

          Mさん(女性)
          皆に心配されるけど、1人渡航の行動力!

          Iさん
          他の場所ではお会いしたことがあるけど、お花見では初めて。

          お初の方
          ○さん
          仕事辞めて、社長になりました、って、、

          MさんとKちゃん
          (Mさんだらけ)
          綺麗なおかあさんと綺麗なお嬢さん。
          Kちゃんと同じ名前のモデルについて、私語り過ぎ。初対面なのに。誰も知らないのに…反省、、

          Pさん
          ほとんどお話することなく…

          …今年のメンバーは、以上かな?

          いつもネガティブ発言な?主催者さんだけど、人徳ですよね、
          毎年、素敵なメンバーが集まって、楽しい宴。

          これだけ一同に会するのは、ほんと一期一会。
          誰に自慢するとかじゃないんです。
          やっぱり、奇跡の時間、夢のような時間を、たしかにあったんだという事実として、やはり写真におさめておきたいなーと思うのです。
          思うだけですが…

          アンドロイドの夢なのです。
          電気羊の夢はみませんが…

          2014.05.07 Wednesday

          アンディウォーホル展

          0
            アンディ.ウォーホル展
            5月3日
            @森美術館

            "In the future everybody will be
            World famous for 15 minutes."

            「将来、誰でも15分は世界的な有名人になれるだろう」


            Silver Cloud

            It was the perfect time to think silver.Silver was the future. it was spacey.... silver was
            also the past the silver ,Screen...
            And maybe more than anything , silver was narcissism.

            It makes no difference It's just decoration.

            But why should I'll be original?
            Why can't I"ll be non original?



            2月から、開催されていたウォーホル展
            いつものことだけど、まだまだ大丈夫…と思っていると、たいていギリギリ…学生時代の試験前の如し、、、
            思ったよりは、混んでいなくて、ガッツリ観てまいりました。

            ウォーホルといえば、マリリン・モンローやキャンベルスープ缶に代表されるシルクスクリーンや同じ画像の羅列が、有名です。それ以外では、音楽活動、映像…
            それが、はじめて
            ものすごく優れたデッサン力のある方だと知りました。(失礼、、、)
            ペンや鉛筆で、描かれた絵の素晴らしい事!!

            そして、著名人を写した写真。
            なかでも特に私がいいなと思ったのは、ミック&ビアンカジャガー、デボラ.ハリー
            若くて美しいし、表情もとても素敵だった。


            「タイムカプセル」と名付けた600個もあるという私的な書簡、雑誌、書籍などなどを入れた段ボール箱の中味300点もの展示。

            とにかく、内容が濃くて、大満足な展覧会なのでした。



            ※画像は、撮影場所限定okな、ウォーホルがペイントした車








            2014.04.09 Wednesday

            魅惑のメニュー

            0

              タルキッシュプレート(トルコ風プレート)
              ファラフェル(ひよこ豆のコロッケ)ヨーグルトソースかけ、
              フムス(ひよこ豆のペースト)、
              ヨーグルトの豆サラダ、
              特選和牛と根菜・豆のクスクス、
              ピタパンとサラダ添え。

              スパイシーサバサンド
              塩糀焼き鯖と赤玉ねぎ・きゅうり・トマト・セロリ・レタスのサンドにレモンとミントチャツネ添え。

              限定カリー
              ビーフマサラカリーとダルカリーの2種類かけ。

              @kaiさん

              あまりに素敵すぎるメニューなので、
              メモメモ。



              2014.04.09 Wednesday

              菫、スミレ、すみれ、ヴァイオレット…私は、すみれに狂喜する。

              0


                菫、スミレ、すみれ

                昔から、大好き!!

                あの色、すみれ色が好き。

                丸い葉で薄い紫色のも好きだけど
                最も好きなのは、細長い葉で濃い紫色の…タチツボスミレというのかな?

                自分の家、庭にあったらいいのに…とずっと思っているけど、かなわない。
                引っこ抜いて連れ帰りたいけど、コンクリートの細ーい隙間に生息してるものだから、それもかなわい。

                昨年、街路樹の土部分にたくさん咲いていたのを発見したので、それを何とかしたいと思って、毎日通勤時に眺めながら通っていたのだけど…
                綺麗に咲いているのに、シャベルで掘り返したりしたら、周りにいる人から非難の目で見られる、それ以前に、誰か知っている人に見られたらどうしよう…家の近所だし…などと…
                ある朝、ボランティアらしき方々がぜーんぶ掘り返して、更地?にしてしまっていた(T_T)
                雑草だものね
                でも、あんなに綺麗なのに
                ゴミ袋に無残に捨てられた菫、
                根付きだし、すぐに庭に植えたい!!
                欲しいけど、これから仕事だし…

                泣く泣く横目で通り過ぎた…

                早、一年

                根こそぎ抜かれてしまった土部分には、全く咲いていないけど、細ーい隙間にはびっしり、ずーっと紫のレースが続いている。

                下をずっと眺めて歩いている。

                ほとんどフェチ。

                桜とすみれで、興奮する。

                こんな人、私くらいかなあ…



                2014.03.18 Tuesday

                Musée du Louvre

                0


                  自他共に認めるフランス好き(かぶれ)の私。
                  フランス製のもの大好きだし、
                  フランスの風景、パリの街並み・・・
                  目にするものすべて好き。
                  フランス語が堪能なら、住みたい。

                  一度しか行ったことのないルーブル美術館だけど
                  テレビで紹介されていると、懐かしい。

                  http://www.louvre.fr/jp


                  ビートたけしの超訳ルーブル
                  http://www.ntv.co.jp/louvre/


                  日本人が選ぶルーブル美術館の絵画、展示品

                  10位「岩窟の聖母」 ダ・ヴィンチ

                  マリアが幼いイエスを連れて岩窟にひそむ絵。
                  ダ・ヴィンチがイタリアに頼まれて描いたが、拒否された
                  宗教画としての光の輪がない
                  天使ガブリエルの背に羽がない

                  ロンドンのナショナルギャラリーにある「岩窟の聖母」には
                  輪も羽も描かれている。

                  9位「グランド・オダリスク」 アンクル

                  8位「レースを編む女」 フェルメール
                  (24X21cmの小さな絵)

                  7位「聖母子と幼き洗礼者聖ヨハネ」ラファエロ
                  ルネッサーンス!
                  ラファエロのいろづかいが好き。
                  たけしさん大絶賛。

                  6位「サモトラケのニケ」
                  サモトラケ島から2000年ぶりに発掘されたそうだ。

                  私が通っていた美大には、ニケ広場と呼ばれる場所があり、
                  そこにはサモトラケのニケがあった。
                   私はピンとこなかったけれど、武蔵美に通う友人から「ニケ広場いいよね」って
                  言われて、そう?とぼんやり思ったものだった。
                  ルーブル美術館に、その本物があったし、見たはずなのだけど・・・
                  記憶がおぼろげだ。

                  ------------------------------------------

                  フランスとイタリア、オーストリアは深いつながりがある。

                  メディチ家のことは、高校の世界史の先生が大好きで、授業で詳しく教えてくださった。
                  先生は、崇高な感じの老紳士だった。
                  高校の授業というよりも大学の講義を聴いているような感じ・・・と、
                  高校生なのに思っていた。
                  実際、大学に入ってからもそう思った。
                  世界史だけど、美術のこともいっぱい教えてくださった。

                  ------------------------------------------

                  5位 ハンムラビ法典

                  絶対見たくて、探した。
                  古代ルームみたいな、地下だったかな?
                  閉館時間になって、どんどん館内は電気が消され暗くなっていく。
                  時間が過ぎても、時間内」に入った人が出るまで待っていてくれる
                  なんて、日本だけ。(海外で、知る日本の良さ、ありがたさのひとつ)
                  追い立てられるようにして、美術館を走って出た。

                  4位 「皇帝ナポレオン一世と皇妃ジョセフィーヌの戴冠」ダビッド

                  嘘だらけの絵。
                  41歳のジョセフィーヌは20歳のような若さだし、ナポレオンは小男なのに大男
                  出席してない母も描かれている。

                  3位 民衆を導く自由の女神
                  有名だし、本物みて感動。

                  2位 ミロのビーナス
                   綺麗。

                  1位 「モナリザ」

                  思ったよりも小さくて、え?!て思った。
                  日本でみていたのは、もっと大きなポスターとかカレンダー・・・。
                  人がいっぱいだと聞いていたけれど
                  観に行った時は、そんなに人がいなくて、ゆっくり観れた。

                  画像:「ガブリエル・アルノーの肖像」

                  少女と猫の絵

                  これは、たぶん見てない・・・。

                  お土産やさんでも人気の絵葉書だそうだ。
                  ・・・そもそもルーブル美術館でお土産を買っていない。
                  入って買った日本語版のガイドブックだけ。
                  そんな時間がなかった、、、。

                  いつ行けるかなぁ・・・


                  2014.03.12 Wednesday

                  Venus and Mars & Rock Show by Paul McCartney and Wings

                  0
                     


                    Sitting in the stand of the sports arena, 
                    Waiting for the show to begin. 




                    Red lights, green lights, strawberry wine,





                    A good friend of mine,


                    (注:最近、髪の毛切って髭そってグラサンはずした人ではありません)


                    follows the stars, 
                    Venus and Mars are alright tonight. 




                    今、なぜかポール・マッカートニー。
                    私の中ではブーム到来。
                    語れないほど知らない に等しいけれど、この曲Venus and Mars & Rock Show は
                    知っている。 
                    大好き! 
                    色々な訳があるけれど、あまりぴんとくるものがない。
                     たしかどこかで聞いた?訳が頭に残っている。 

                    スポーツアリーナスタンドに座って、 ショーがはじまるのを待っている 
                    赤、緑のライト、ストロベリーワイン 
                    親しい友達と一緒で ビーナスとマーズは、今宵はご機嫌さ。 

                     follows the stars, の部分が、わからない。(忘れた)
                     どう訳したらいいのかしら? 

                    ショーがはじまるのを楽しみにしているのは、ビーナス&マーズ=奥様リンダ&ポール。 
                    これは、ポール・マッカートニーファンの友人から聞いた気がする。
                    レコードジャケットの赤と黄色のビリヤードの玉・・・
                    ビーナス金星&マーズ火星・・・は、二人を意味しているのだ、と。

                    外タレ(死語!)のライブへ行って、幕があくまでのわくわく感、緊張感・・・ 
                    その時、私の頭の中には必ずこの曲が流れる。 

                    その昔は、武道館だった(大昔!) 
                    武道館もスポーツアリーナったら、スポーツアリーナだけど 
                    やはり、埼玉だとか横浜だとかスーパーアリーナがイメージだわね。 
                    そのあとに続く「Rock Show」も含めて。

                    もう何年も前になってしまったけれど、モトリー・クルーや レディガガの
                    ライブへ行った時、まさにこの曲の気分だったなぁ!




                    2014.03.06 Thursday

                    久々の散財

                    0
                       


                      ・・・散財、といってもたいしたものではないのだが、
                      古本屋さんをのぞいたら、ついつい出会って、買ってしまった。
                      (これだから、常々、古本屋さんへは立ち寄らないことにしているのだ)


                      「酔郷譚」(2008年の初版本!)
                      は、”倉橋由美子 最後にして最上の作品”
                      という帯がかかっている。
                      亡くなる直前まで執筆された作品らしい。
                      2005年6月10日 永眠されたそうだ。
                      全然、知らなかった。
                      もう9年も経っているというのに・・・。

                      倉橋由美子さんは、ずいぶん昔に古本屋さんではなく買って
                      何冊かの作品を読んだ。文庫でだが。

                      「ヴァージニア」「アポロンの首」「ヴァンピールの会」という作品が
                      深く印象に残っている。

                      「夢の通ひ路」(1989年初版本)
                      文芸誌だけでなく、クロワッサンに掲載された作品も収録されている。(表題作)


                      森茉莉「贅沢貧乏」
                      は、もしかしたらどこかにあるかもしれない。
                      でも、見当たらないから買った。
                      (「甘い蜜の部屋」「恋人たちの森」もあるはずなのにみあたらない・・・。)

                      牛酪=バタア
                      肉汁=スウプ
                      石鹸=シャボン
                      欧露巴=ヨオロッパ
                      椿姫=ダアモオカメリア・・・・etc.

                      この漢字とルビの羅列・・・
                      たまりませんわ!!

                      ジョルジュ・バタイユ「マダム・エドワルダ」「目玉の話」

                       以前読んだ時は、なんてエロティックな話だろうと思ったけれど、それほどでもなかった。
                      今は、もっともっと世の中刺激に満ちているし、なにより自身が大人になったからかも。
                      これくらいで、ドキドキしていたなんて、なんてお子ちゃまだったのね。
                       できるなら(読めるものなら)、原文で読みたい!

                      --------------------------------------

                      ボリス・ヴィアンの「うたかたの日々」が売っていたのだけれど
                      あまりの古さに、あきらめる。
                      文章を読めればいいでしょう、という以前に、
                      あまりにぼろくて、なんだか、ウィルスに感染しそうな感じだったんだもん、、、、

                      肺に睡蓮の出来る病気の彼女・・・よね。

                      あとー

                      「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦

                      この本も売っていたけど、新刊でちゃんと買おうと思った。
                      (なくしちゃったのよ・・・)
                      森見氏、TVのインタビューみたけど、実に楽しい方だった。
                      京都大学生なのに「自分はばか・・・」とか言ってて、
                      しかし、知性がこぼれてた。






                      ▲top