Obscure Desire Of kanna・Lacey

kanna・Laceyの密かな愉しみ

<< どーでもいー話 と 我聞ラーメン | TOP | 映画に夢中 >>

2006.01.27 Friday

06年春夏コレクション

0


    デリのラザニアですが、レンジ3分でなかなかの美味♪


    http://www.asahi.com/culture/fashion/TKY200601260189.html

    >「ひとことでいえば、シンプルに現実を見つめるイメージ」
    >大げさな装飾を省いたリアルクローズが主流
    >あわてて輪ゴムで髪を束ねたようなポニーテール

    ・・・うーん、過去にも流行った”働く女”なイメージ?

    記事の最後にある「エスティローダーのメーキャップアーティストのティミー西村さん」という方のお話が印象的だわ。
    >「メークは社会を反対に映す鏡。景気がよいと退廃的になる。今年は血色のよい活動的なメークになる。ポジティブな雰囲気のメークは、まだ不安定な世の中の反映なのでは」

    私は”退廃的"なメークと"ロマンチックで懐古的"なお洋服が好き。
    ここ最近のボヘミアンやフォークロアな感じやレース、スペンサージャケットなヴィクトリアンな雰囲気とか・・・ずっと続いてほしいと思ったけれど・・・。
    (なんたって、金子功先生のお洋服がもっとも好きなものだから・・)

    ・・・来週、おでかけの際、金子先生のブリブリのワンピース着ていこうと思っていたのだけど・・・困ったな、パリコレにそう言われちゃったらなぁ・・・

    2017.03.29 Wednesday

    スポンサーサイト

    0

      12:53 | - | - | - | - | - |

      コメント

      アリャ、、ロック、ゴシック、好きなんですが、、ますますシンプルになっていくんでしょうか。。。
      いまのうちにそういったもの買いだめしなきゃ;;
      2006/01/27 8:19 PM by kuri
      退廃的というと、よくそういう紹介されているので
      コックニー・レベルを思い浮かべる〜♪
      2006/01/28 3:15 AM by かとれい
      kuriさん

      ロック、ゴシック、良いですよね〜!!(^^)
      いいんです、そこらへんは、もう流行無視で!!
      私のクロゼットにはライブ用のコーナーと引き出しがあって、流行無視の黒いものばっかり、季節感皆無、一年中すけすけだったりノースリーブだったり、黒レースの長手袋があったりします・・・(さすがに最近は登場する機会がありませんが(^^;)

      かとれいさん

      >退廃的というと、よくそういう紹介されているので
      コックニー・レベルを思い浮かべる〜♪

      なるほどなるほど。

      私、「退廃」の文字、好きです〜(耽美、淫靡・・・そんな文字も好きです)
       そこから連想されるのはヴィスコンティ作品「地獄に堕ちた勇者ども」
       あの美しいおかーさまの容姿やら生活ぶりだったり、マザーファッカーなヘルムート・バーガーだったり・・・映画全体をおおっている暑苦しいまで重厚感だったりします(^^)
      ☆以前、テレビで放映されているのみたら、好きなシーンがカットされていて残念でした・・・なぜ?!放送禁止?!
      2006/01/29 3:48 PM by Lacey
      さすが女の子!!
      化粧品・ファッションにうとい私は さっぱりわからん。。。/泣
      流行を追わず どこまでもわが道走ってますvv

      金子 功だっけ??
      名前だけ聞いたことある。。。
      ブランド名・・・??
      ブリブリで思い出すのは・・・
      ピンクハウス・インゲボルグ。。。
      ファッション音痴やな。。。orz


      イケてないコメントでごめんよぉ〜(T▽T)
      2006/01/29 9:03 PM by zero-cool
      zero-coolさん

      >流行を追わず どこまでもわが道走ってますvv

      素晴らしいポリシーお持ちだと思うわ!
      いつだって自分の好きな服、着たい服着るのが一番です☆
      そして、なんて謙虚な方なのでしょう〜!!
      金子先生→金子功→ピンクハウス・インゲボルグ。。。
      それだけご存知でありながら、どこがイケてないコメントなんですかー!?

       今現在は、ピンクハウス、インゲボルグは他の会社、他のデザイナーになり、金子功さんのデザインものは、女性のものではワンダフルワールド、KANEKO ISAOなのですが、デザイナーが変わった云々なんて関係なく、レース、おりぼんぶりぶりのお洋服ったら、ピンクハウスと皆さんおっしゃいます。
      ええ、私は、その、金子先生のお洋服が大好きなんですが、今あまりこういうお洋服着てる人ってすくないではありませんか?一時期などは、コミケ御用達(今はロリやメイド服)のお洋服だったようで、綿素材のブラウス、ワンピースなどはなかなか着て歩くのも勇気(ほとんどコスプレ、、、)で、カジュアルなデニムのスカートとTシャツ、Gジャンくらいにとどめていました。
      (それでもかなりな流行無視、、)それも最近ではすっかり着なくなりまして・・・
       でも、ポリ素材のシンプルなものは、わりと大人っぽいものがあるので、少しは「おめかし」感が出るかな・・・と、ここ一番の時には愛用してるのです。

      今回のおでかけは、おしゃれなお友達にお誘いされて、おしゃれな人々の集まる場所へ行くものですから、恥ずかしい格好は出来ないなと・・・

      うーん、なんかおしゃれの話になるとあつくなってしまう・・・長々とごめんなさい!!
      2006/01/30 1:26 PM by Lacey

      コメントする









      この記事のトラックバックURL

      http://kanna-lacey.jugem.jp/trackback/110

      トラックバック

      ▲top