Obscure Desire Of kanna・Lacey

kanna・Laceyの密かな愉しみ

<< かもめ食堂 | TOP | わがままな王子様 >>

2006.05.15 Monday

久々に天使に逢う

0
     とてもたくさんの人と会った。

    気の合わない人とばかりだったら、とても疲れる。
    でも疲れるどころか、むしろ充実感。
    これは同じ波長の人と話が出来たせい、
    あるいは相手と私の波長が合ったせい。

    そして、久々に天使に逢った。

    ・・・私はよく知らない人から唐突に話しかけられる。
     知らない人からよくモノももらう。(これまた唐突に)後者は最近可愛くなくなったせいか、もとい若くないせいか(^^;、残念なことになくなってしまったが、前者は健在である。
     話し好きのおばさま、お年を召した女性・・・
    知らない男性から話しかけられたなら無視だけど、同性からだと、てきとうに相槌をうったりする。
     だって、もしかしたら家帰っても誰も話をする人がいないのかもしれない・・・。

     この日も唐突に見知らぬ女性(年齢、国籍不明)から話かけられた。
     それがとてもフレンドリーで、彼女の国ではそれがあたりまえなのかもしれない、いや日本でも昔はあたりまえだったのかもしれない・・・

     それは4箱○円の品物、せいぜい2箱でいいなぁーと思って眺めていたら、私と二人で買いませんか?買って半分こにしませんか?というお誘いだった。

     ねがったり、かなったり。
     二つ返事でOKした。

     なかなか勇気ある申し出だと思う。
     それから二言、三言、その女性と会話をし別れた。

     私はとても幸せな気分になった。

    Angel comes・・・

    2017.03.29 Wednesday

    スポンサーサイト

    0

      23:15 | - | - | - | - | - |

      コメント

      ワタシもそんな経験あるよvv
      ほんとそんなときは助かるよね!

      なかなか知らない人に声をかけるとゆ〜のは
      勇気がいるし、一歩間違えたら変人扱い。。。
      難しい・淋しい世の中ですね。。

      通り過ぎる人に【それドコで買われたの?】って
      聞きたい衝動を抑える毎日(笑
      2006/05/16 12:45 PM by zero-cool
      zero-coolさん

      >ワタシもそんな経験あるよvv

      ウン、ありそうだわ(^^)

      >なかなか知らない人に声をかけるとゆ〜のは
      勇気がいるし、一歩間違えたら変人扱い。。。

      そうなのよ〜!!

      >通り過ぎる人に【それドコで買われたの?】って
      聞きたい衝動を抑える毎日(笑

      聞きたい、聞きたい〜〜〜っ!!
      2006/05/17 1:10 PM by Lacey
      ライブ会場とかで声かけたいんだけど、
      知らない人に声かけるって大変。
      よく海外にライブ見に行く友達はライブ会場で
      必ずといっていいほど話しかけられるって言ってた。
      2006/05/18 7:54 AM by かとれい
      かとれいさん

      男性でもそうですか?
      話しかけちゃえば?
      なんか ライブ会場なら、同じ趣味、目的なので、そう警戒されないのではないかしらね?

      かくいう私は、よっく女の子からナンパされるんですね
      ライブ会場でも道端でも喫茶店でも・・・
       いかにも、私ロック好きです みたいな格好をしている時、やはりそういう人から。
      なので話し掛けられる私に警戒心はなくて、そういう子達が可愛かったりするものだから、嬉しくなって話してしまう・・・

       喫茶店でのナンパは、ウエイターを通して、
      「あちらの女性があなたとお話したいそうなんですが・・・」
       おかしいでしょ?男性じゃなくて女性。(誤解なきよう。同性愛の趣味はありません。可愛い子、きれいな子好きですが)話を聞くと「うちのバンドで歌ってください」でした。私が歌えるのか、どの程度のものなのか、わからないのに(笑)

       ライブ会場で知り合った人(女性)は、今も仲良しのお友達です(^^)

      2006/05/18 11:22 AM by Lacey

      コメントする









      この記事のトラックバックURL

      http://kanna-lacey.jugem.jp/trackback/146

      トラックバック

      ▲top