Obscure Desire Of kanna・Lacey

kanna・Laceyの密かな愉しみ

<< アメリカへ | TOP | ご当地キティ その弐 金沢編 >>

2007.08.28 Tuesday

ご当地キティ その壱 飛騨高山編

0
     もう二週間も前になっちゃうけど・・・

     今回の旅で発見したこと・・・とは、オーバーですわね。
    発見、ではなく、注目してみたこと、注意してみたこと、と言った方がよいかしら?
     それは「ご当地キティ」(キティラーと呼ばれている、熱烈なキティちゃんファンからは「このヒト、今さら何いってんの?!・・・」と言われそう。。。)

     私の周囲には、キティちゃん好き!って人と、大っ嫌い!っていう人に見事に二分割される。
     嫌いな人に理由を聞くと、キティちゃんの目が死んでいる というの。
     お店のキティちゃんコーナーなんか見ると「死んだ猫がいっぱいいる」って・・・
    それを、キティちゃん好きで結構コレクションしている人に話したら、ええ〜〜〜っ!!って、たいへんショックがってた。
     でも、その人は言ってた。
     「だけど、キティちゃんだったらなんでもいいっていうわけでもないのよ。よく『あなたキティちゃん好きでしょ』って、お土産にご当地キティもらったりするんだけど、やっぱり好みはあるの。なんでもかんでもキティちゃんに着せればいいってもんじゃない!!って思う」

     かくいう私は、キティちゃん可愛いなって思うけど「熱烈な」「熱狂的な」キティファンではない。だから、なんでもかんでもキティちゃんグッズを買うわけでは、ない。
     そんな私の頭にしかと刻まれたんですね、上記のキティファンの人の言葉が。

     で、旅先のお土産やさんで注意してみてみたの。
    そしたらそしたら、あったわ、許せないキティちゃん!!(熱狂的キティちゃんファンの方々にはごめんなさい!!)

     まず、飛騨のご当地キティ。
     此処(飛騨)は、「さるぼぼ」と呼ばれる猿の赤ちゃん(ぼぼ)がお守りとして有名らしいんだけど、その「さるぼぼ」自体、可愛くない!!(ご当地の方やさるぼぼ好きの方には、大変申し訳ないのですが・・・そもそも私、猿って好きじゃないの、赤ちゃんはまぁ可愛いと思うんだけど・・・)

     アレンジされていない昔ながらの「さるぼぼ」
      。。。。コワイです・・・顔ないし


     現代風?にアレンジされてる「さるぼぼ」
     これはクッキー。とりあえず「飛騨行きました」のお土産に。
    (職場用。バイトの女子大生が「可愛い!!」と絶賛。「ところでさるぼぼってなんですか?」の問いに、にわかうんちくを語った私・笑)

     で、そのキティちゃん版「さるぼぼキティ」は、ダメです、いただけません。
     そもそもキティ=仔猫 でしょ、
    どーして猫に猿のきぐるみ(?)着せなきゃいけないの?!
     そして「飛騨ラーメン」にちなんで「ラーメンキティ
    ラーメン食べてるならいいの、それが違うの、
    ラーメンの中(丼の中)にキティちゃんが入ってる!! 
    絶対、許せない!!(だから画像はなし)
     
     ・・・と、それ言ったら、ご当地キティの大半はそんな感じなのよねぇ・・・(^^;

    2017.03.29 Wednesday

    スポンサーサイト

    0

      10:50 | - | - | - | - | - |

      コメント

      コメントする









      この記事のトラックバックURL

      http://kanna-lacey.jugem.jp/trackback/254

      トラックバック

      ▲top