Obscure Desire Of kanna・Lacey

kanna・Laceyの密かな愉しみ

<< Day Dream | TOP | 学ぶ私 >>

2007.10.07 Sunday

ガンジス河でバタフライ

0


     原作 たかのてるこ(幻冬社)
     主演、長澤まさみ 脚本、官藤官九郎

     インドはそりゃもうどれほどの、一般人、著名人、芸能人・・・の口から、いかに人生観が変わるかといった哲学やらなにやらもろもろを聞いたことでしょう・・・
     過去にとっても行きたいと思ったけれど、今は、うーん・・・と、ちょっと考えてしまう。
     だって、行った人おなかこわすんだもん、帰国後即入院なんだもん・・・
     (友人しかり。カルメン・マキさんや秋吉久美子さんもテレビでそんなこと仰ってたわ)
     帰国後ならまだいい、でも現地でそんななっちゃったら最悪・・・
     そんなネガティヴなこと考えてしまうんですねぇ・・・

     原作者の経歴は実にユニーク。
    「大学のAV実習で、同級生の宮藤官九郎氏の監督&脚本第1作に主演」だそうで。
     かの、よしもとばなな氏とお友達だそうで。
     大学在学中から現在まで旅した国は三十カ国以上にも及ぶそうで。
     ・・・海外、それもアジア圏を一人旅できる女性って尊敬してしまう。

     番組は「メ〜テレ45周年記念ドラマスペシャル」だそうで、
     テレビ朝日で、10月5、6日と二夜連続で放送された。

     主演女優の演技が、こういう演出、脚本なのかもしれないけれど、はなについて仕方なかった(^^;・・・この方のお芝居はじめてみたの。CMしかみたことなくて、ドラマもせかちゅーもみてないし)
     だけど、後編の途中から、はなにつきながらも、たくましくなっていった姿ってものがみえて、良かった。
     なんたって、圧巻はタイトル通りのクライマックス、
     ガンジス河でバタフライ。
     えらいなぁ、すごいなぁ!!
     もう芝居がどうとかではない、
     これやり遂げただけで、長澤まさみちゃんすごいっ!!

     後日、

     宮藤官九郎さんが原作者のたかのてるこさんと共に訪れたインドでのシナリオハンティングドキュメントとメイキングを交えた『「ガンジス河でバタフライ」ができるまで〜宮藤官九郎 史上最悪のインド・シナハン旅』(テレビ朝日 9/29(土)深0・30)


     というのがあったと知り、残念!!
     こっちみたかったな、
     てかDVD買えってこと?
     ・・・・・
     思い出した!
    「インドでわしも考えた」
     椎名 誠 著
     作者の顔は浮かぶのになまえが出てこなかったの。

    2017.03.29 Wednesday

    スポンサーサイト

    0

      10:58 | - | - | - | - | - |

      コメント

      これ 見損ねたw
      ストーリーには惹かれたんだけど

      インドやヴェトナムなんて行ってみたいけど・・・
      香港あたりでお腹壊すようじゃムリっぽいよね?!ww
      やっぱ言葉がなんとか通じる国内に限る!と思っちゃいます^^;

      2007/10/07 2:35 PM by zero
      zeroちゃん

      見損ねましたか、

      >ストーリーには惹かれたんだけど

      筆者の実体験ですからね、良かったわよ〜
       主人公がとにかくわーわーきゃーきゃーうるさかったけど(^^;
      大人計画の役者さん・・・荒川良々さん、顔田猿時さんがみれて、楽しかったです(^^)

       私思ったんだけど、この、たかのてるこさんて方とzeroちゃんて似ているんじゃないかなぁって思うの。
      マイナスをプラスにかえてしまうポジティヴさとかパワーがある、そういった類の人だと思う点。

      >香港あたりでお腹壊すようじゃムリっぽいよね?!ww

      うわー
      そうなの?
      zeroちゃん、やわ!!
      そんな弱点があったのね!!
      屋台で??
      (屋台は旅の醍醐味の一つだけど、ナマモノだけはやめたほうがいいって言われてたから、香港でもパリでも、避けました)

      言葉の壁・・・たしかに、道きくとかお買い物程度ならよいけど、緊急事態になった場合、自信ないなぁー・・・
      2007/10/08 1:14 PM by かんな

      コメントする









      この記事のトラックバックURL

      http://kanna-lacey.jugem.jp/trackback/284

      トラックバック

      ▲top