Obscure Desire Of kanna・Lacey

kanna・Laceyの密かな愉しみ

<< 映画デー/チームバチスタ、エリザベス | TOP | ライラの冒険 黄金の羅針盤 >>

2008.03.02 Sunday

元気が出る本/辛酸なめ子「ヨコモレ通信」

0


     よく電車で漫画を読んでいて人目もはばからず笑っている人に遭遇する。
    こどもならまだしもいい大人のそんな姿は、はたから見ていると不気味でもあり、ばかか、と思っていた。
     私自身、家で一人で漫画を読んでいて,面白いと思うものがあっても、笑うということはなかった。
     しかし、しかし!!
     この本は、週刊文春に掲載された潜入取材やコラムがまとめられたものなのだけど、、思わず笑ってしまうほど面白いのだ!!
     どのページも、頭の回転の良さ、豊富なボキャブラリーがあふれている。
    なんでも著者は、「芸能人を容赦なく分析する文&イラストは「ガーリーなナンシー関」。可愛らしいルックスの奥から繰り出す股間直撃の悩殺表現は「文筆界の小倉優子」。」と言われているそうな、
    ほんと、その通りだわ。
     図書館で手にとり、ぱらぱらっとめくって、思わず笑ってしまった。
    恥ずかしかったわー。図書館で一人笑う女・・・こわい・・・。
    ハートの入っていないぬいぐるみなんて・・・・・・
    04年2月15日 銀座「ビルド・ア・ベア・ワークショップ」の章。
     手作りのぬいぐるショップが出来たのは何かで知っていた。
     へぇぇ・・こんなこわいところなのかー・・・
    レジがぬいぐるみ用の服売り場の奥にあるので「服を買わずに会計するのは世間的にムリ」という漫画が笑いのツボにはまってしまった。

     米FOXテレビ「The simple life」
    これは番組予告をみただけでうんざりして見なかったのだけど、辛酸なめ子氏の文章でそのすごさがTVを見たかのように伝わる。
     セレビッチ=パリス・ヒルトンとニコール・リッチーがアーカンソー州の農家にステイ。
    その乱行ぶりは想像を絶するほどのものなんだけど、なめ子氏は不思議な爽快感がある、と書いている。
     さんざん村をメチャクチャにしたのに、最後はお金の力でハッピーエンド。
     「お金の虚しさを啓蒙する裏道徳番組だったのかも」と〆ている。氏の文才にほれぼれ。

     他にも挙げたらキリないほど楽しい話がいっぱい。
    おすすめ!!

    JUGEMテーマ:読書

    2017.03.29 Wednesday

    スポンサーサイト

    0

      18:56 | - | - | - | - | - |

      コメント

      コメントする









      この記事のトラックバックURL

      http://kanna-lacey.jugem.jp/trackback/317

      トラックバック

      ▲top