Obscure Desire Of kanna・Lacey

kanna・Laceyの密かな愉しみ

<< 架空楽団 30周年記念LIVE | TOP | 晩夏 >>

2008.08.21 Thursday

2008年夏の旅

0
    伊勢志摩の旅へ行ってきました。
     日本の地理が極端に疎い私、、、
    伊勢は伊勢海老
    志摩は真珠
    近所には松坂、松坂牛・・・

    その程度の知識
     行くまで、伊勢志摩ってどこにあるの?何県??ってほど・・・
    あきれちゃうよね・・・

    他の名物というと、「伊勢うどん」「手ごね寿司」らしいんだけど・・・
     伊勢うどんは、四国とか香川とかの太くてしこしこした感じを想像してたんだけど、
    食べたのは、なんか煮過ぎ?柔らかくてふにゃふにゃしてて・・・
     それで正解なの?
    本当はふにゃふにゃじゃないのかしら??
     手ごね寿司も、ご飯に対してお魚(お刺身)が少ない・・・

     他のところで食べたら違ったのかしら?
    なんか食べ物での感動があまりなかったなぁ・・・
    (食いしん坊だから、そこ、なのよ・・・)



    伊勢神宮
     お伊勢参りって言葉は聞く。
     だけど、よく知らなくて、ありがたみがあまりわからなくて、困ったもんだわ・・・
     明治神宮みたいだなぁ・・・と思うばかり。
     新年ともなればものすごい行列で、参拝するのにとっても時間がかかるらしい。

    内宮、外宮があって、内宮には天照大御神、外宮には豊受大御神がまつられている。
    外宮は左通行
    内宮は右通行で橋を渡る、
    帰りは決して橋の反対側へ行ってはならない・・・
     ぜーんぜん知らなかった。
     天照大御神、スサノオノミコトとかヤマタノオロチとか、ギリシア神話級の物語としての知識しかない、が、神様、今の天皇の祖先のことなので恐れ多い、どころか
    多く語れない、語ってはならぬ・・・の世界。
    外宮付近では御福というお菓子が売られているんだけど、これが赤福に激似。
    赤福の方は有名で、伊勢じゃなくても売られているのに・・・
    一方、赤福は内宮付近で売られているの。
    内宮はわかるけど、外宮って・・・外道の”外”・・・
    内・・・が表なら、外・・・は裏?
    陰陽?



    夫婦岩、二見與玉神社
     海におっきい岩とそばにちっちゃい岩があると、夫婦岩って、いうよねぇ〜〜〜?!
    そんな感じ。
    小さい頃行った親戚の近所の海にもそういう岩あったなぁ、、、と、これまた
    あまりありがたみがない、、、





    鳥羽港〜伊勢湾クルージング
     最も面白かったかな
     遠くイルカの群れを観た。(写真には撮れなかったけれど・・・)
     何頭かがジャンプしながら泳いでいるの。
    水族館でしかみたことなかったのと、沖縄とか行かなくてもみれるの?って思い、かなりの感激だった。



    SINTO BEER
    神都麦酒 伊勢志摩限定
     伊勢は永く神々のおわす都として、「神都」の名で親しまれてきました。
    文明開化の明治10年代、伊勢の経済の中心であった河崎町で「神都ビール」は生まれました・・・


     これは美味でした♪
    グリーン系のさわやかな香りがするんだけど、苦味がある、でも喉越しすっきり
    後味もよし☆
     麦のほかに米も入っているらしい。

    JUGEMテーマ:旅行



    2017.03.29 Wednesday

    スポンサーサイト

    0

      17:10 | - | - | - | - | - |

      コメント

      命の洗濯 よかったね〜♪
      夏の終わりの旅って なんか情緒あるよね〜

      残暑お見舞い申し上げますヽ( ̄▽ ̄)ノ
      2008/08/23 11:16 PM by zero
      zero ちゃん

      どもども〜(^^)

      伊勢えびと真珠しか知らない私、、、
      鳥羽水族館も有名ですね。
      そして、スペイン村(?)というのもあるのですね、
      時間がなくて行けなかったのですが、、、

      残暑・・・通り過ぎて
      こないだから、10月下旬の寒さです(^^;
      雨降り過ぎっ!!
      しかもムシムシてて、梅雨みたいだし・・・


      2008/08/26 6:59 PM by かんな

      コメントする









      この記事のトラックバックURL

      http://kanna-lacey.jugem.jp/trackback/340

      トラックバック

      ▲top