Obscure Desire Of kanna・Lacey

kanna・Laceyの密かな愉しみ

<< 東京スカイツリー〜Tokyo Solamachi プチガイド〜 | TOP | Happy Birthday on 7th Oct. >>

2017.03.29 Wednesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    | - | - | - | - | - |
    2012.10.06 Saturday

    スカイツリー再び と Jamon Jamon

    0

      浅草はとても好きな場所で
      ここにいる方々は、人情味あふれていて大好き。

      スカイツリーへ行くには、(わたしの家から)いくつもルートがあるのだけれど、
      この間は、上野、松坂屋から都バスというのを試みました。

      上野ABABで、むかーし、メトロファルスのフィルムが流れた・・・という話を耳にして
      それ以来、上野に行く度、そうなんだーとそのことが頭に浮かぶ・・・。
      今でもABABは存在しております。(ファッションビルなのでしょうか?)

      松坂屋は上野からというよりも御徒町からの方が近いか、中間なのか、
      とにかく上野駅から、少しばかり歩きます。

      バス停で、運転手さんに、スカイツリーへ行くバスを確認すると、やはりバスを
      待っていたご婦人がとても丁寧に教えてくださいました。
      親切なそのご婦人は、私も同じ方面のバスに乗りますから、と一緒のバスに
      乗り、スカイツリーへは、このバスとあのバスでも行ける、と道路を走っていた青いバスを
      教えてくださいました。
      そして、何度も、このバスが一番よい(あまり止まらないから)ということと、
      乗って行くと「スカイツリー駅」で、本当にツリーのすぐ近くまで連れて行ってくれるから、
      ということを繰り返し、話てくださいました。
      ・・・というか、乗ってから彼女が降りるまでずっとお話・・・
      そのご婦人は、何個目かのバス停で降りると、お店屋さんへと消えてゆきました。
      上野付近にもあんなにお店があるのに、
      あえてそのお店なんだなぁ・・・とぼんやり思いました。
      ちょっと、若い頃のソニア・リキエルに似たムードのあるご婦人でした。

      浅草には親切な人がたくさんいる・・・
      昔、仲見世で遭遇したおば様方を思い出しました。

      そして、吾妻橋にさしかかると、いつものことなのですが、
      なんでだろう、何かキュンとするというか、
      もの悲しいような、
      懐かしいような、
      おかしな感じがするのです。
      生まれ育った場所でもないのに

      隅田川がそう思わせるのか、

      吾妻橋、
      駒形橋・・・
      川にかかる橋がそう思わせるのか、

      そして、スカイツリーの展望台では、ゴジラの話になりました。

      ゴジラは今までいくつもの名所を壊してきたけれど、
      果たしてスカイツリーは壊せるだろうか?
      体長は?
      ケリ入れられるくらい?
      ・・・にしても、蹴られたら、揺れるよね?
      壊れるよね?
      なんて・・・

      (でも、ゴジラはいないよ〜・・・って、可愛いルリちゃんw)

      そしたら、後日、スカイツリーの写メを送った方から、

      夕陽があたったツリーは、メカゴジラの逆襲っぽかった

      というメールをいただき、なんだか「やったー!」って気分になりました。

      やはりゴジラ!!

      でもメカゴジラって・・・?
      調べてみたら、1975年の作品でした。
      感覚的に80年代の作品かなぁ??と思ったら・・・
      (ゴジラ、知ってはいるけど、作品知らない、、、)



      ------------------------------------------------------------
      「Jamon Jamon」鑑賞

      20年も前の作品。
      出演者は、ペネロペ・クルス(デビュー作!)しか、わからなかった。

      情熱的 というか 
      動物的 というか
      人間であって人間じゃない というか
      ラテンの熱い血がそうさせるのか
      スペイン語がそう思わせるのか

      ペネロペ・クルスが粗野で野蛮で(同意?)、
      まるで狼に育てられたかのような・・・
      (母は娼婦宿を営んでいるという設定)


      うっすい下着(のようなワンピース?)の下は、
      基本ノーブラで
      黒ぱんつ一枚だけで
      いつでもどこでもオッケーな感じで
      男女がくんずほぐれず
      何角関係なのか
      とにかく本能のおもむくままに
      人目もはばからず・・・

      ポルノ映画では決してないのですけど、
      なんなんでしょうね・・・
      わけわかりませんでした。

      しかし、

      92年度ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞受賞。

      ちなみに

      「Jamon Jamon」とは、スペイン語で「いい女」の意だとか。

      若い頃の方が良かった女優さんも多いですけど、
      ペネロペは、だんぜんこの後の方が、
      洗練されて
      美しいような気がいたします。




      2017.03.29 Wednesday

      スポンサーサイト

      0

        22:54 | - | - | - | - | - |

        コメント

        コメントする









        この記事のトラックバックURL

        http://kanna-lacey.jugem.jp/trackback/435

        トラックバック

        ▲top