Obscure Desire Of kanna・Lacey

kanna・Laceyの密かな愉しみ

<< 4月に、ヴァー−ミリオン・サンズをおもう | TOP | 美しい作品 >>

2016.05.21 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    | - | - | - | - | - |
    2013.04.03 Wednesday

    映画三昧

    0
       

      下妻物語
      2004年

      ”わたし根性ねじまがってまーす 桃子とイチゴの、あまくない友情!?” 


      深キョンのロリータ(服とメイク)が可愛い。
      アンナちゃんのおばかなヤンキーがハマっている。




      櫻の園 
      2008年

      ”悩んだり、落ち込んだり、泣いたり、笑ったり・・・
       高校3年、この一瞬が永遠にかわる6人の胸キュン★ストーリー” 

      1992年の作品の方が優れている、と思う。
      杏ちゃんがクールなやくどころで良い!
      メイクした姿も美しい!!
      武井咲ちゃん、目立たず
      上戸彩ちゃんのヴォーカル、メジャーデビューきまってるバンドの説得力に欠ける、、、
      米倉涼子さんでなくても・・・(あの役)
      事務所のプロモーション映画と陰口たたかれたのがうなづける、、、・
      しかし一時間17分あたり、涙。


      オールナイトロング
      1992年

      ” 映画館を出たら君も殺人者になれる。”

      知っている人が少ししか出てこないというのが、不気味さアップ。
      とにかく気持ちの悪い映画。
      ファンも多いらしいし、
      監督のメッセージはわかるのだけど・・・。
      2、3、R・・・と続編もあるらしいけど
      ヘンタイ性や猟奇性が増した作品ぽい。
      わたくし的には、
      「ピノキオルート964」(1991年) とか「ダイヤモンドの月」
      「小鳥たちのいない花園」(1992年)とかと同じような観終わった感。


      2016.05.21 Saturday

      スポンサーサイト

      0

        18:50 | - | - | - | - | - |

        コメント

        コメントする









        この記事のトラックバックURL

        http://kanna-lacey.jugem.jp/trackback/474

        トラックバック

        ▲top