Obscure Desire Of kanna・Lacey

kanna・Laceyの密かな愉しみ

<< 10月~Holloween~と検索ワード | TOP | Harlekinad〜アレルキナーダ〜動画まとめ(個人的趣味な) >>

2013.10.04 Friday

The Damned 地獄に堕ちた勇者ども ネタバレ注意

0


     The Damned 

    地獄に堕ちた勇者ども

    1969年 
    イタリア ドイツ スイス

    上映時間:155分

    監督:ルキノ・ヴィスコンティ

    原題は「神々の没落」の意、とは、ウィキペディアによる。


    なぜか、この映画をむしょーにみたくなって

    深夜・・・一時・・・過ぎ・・・
    観終わったら、夜が明けるわ・・・

    で、三日がかりで観た。

    過去にも何度か観たことがある。

    印象的で、鮮明に記憶に残っているのが

    ヘルムート・バーガーがマレーネ・ディートリッヒさながらに
    歌い踊るシーン

    兵士?たちが、酔っ払って(女装したりして)いるシーン

    母と義父の死のシーン
    死ぬ前から、死人のような化粧(イングリット・チューリン)が、デカダンチックだった。



    実際には、結構、色々な意味があって難しい作品なのね。

    「マクベス」をモチーフにしているとか、

    「長いナイフの夜」も知らないし、(そういった歴史上の事件を)

    なぜ同じナチ同士で殺し合いなのかよくわからなかった。
    違ったのね

    女装、ロリコン、マザーファッカー、ナチ・・・これは、
    マルティン(ヘルムト・バーガー)の印象。
    ロリコンなのはわかったけれど、
    少女をレイプしたの?!

    初めてみたのは、ずいぶん昔・・・

    ヘルムート・バーガーは美しいけど、
    私の好みではないわ、なんて思いながら、
    みていた。(デヴィッド・ボウイー的美しさ)

    サロン・キティ
    ルードウィヒ 神々の黄昏

    どれも、少女漫画の世界だわーなんて思った。

    今観てもそう思う。


    シャーロット・ランプリングが妖しくて素敵。
    愛の嵐 以前?あと?

    暗くて、
    気持ち悪くて、

    後味決してよくない映画ですけど、

    退廃していて、

    耽美で、

    私は好きです。



    2017.03.29 Wednesday

    スポンサーサイト

    0

      03:04 | - | - | - | - | - |

      コメント

      コメントする









      この記事のトラックバックURL

      http://kanna-lacey.jugem.jp/trackback/519

      トラックバック

      ▲top