Obscure Desire Of kanna・Lacey

kanna・Laceyの密かな愉しみ

<< Venus and Mars & Rock Show by Paul McCartney and Wings | TOP | 菫、スミレ、すみれ、ヴァイオレット…私は、すみれに狂喜する。 >>

2014.03.18 Tuesday

Musée du Louvre

0


    自他共に認めるフランス好き(かぶれ)の私。
    フランス製のもの大好きだし、
    フランスの風景、パリの街並み・・・
    目にするものすべて好き。
    フランス語が堪能なら、住みたい。

    一度しか行ったことのないルーブル美術館だけど
    テレビで紹介されていると、懐かしい。

    http://www.louvre.fr/jp


    ビートたけしの超訳ルーブル
    http://www.ntv.co.jp/louvre/


    日本人が選ぶルーブル美術館の絵画、展示品

    10位「岩窟の聖母」 ダ・ヴィンチ

    マリアが幼いイエスを連れて岩窟にひそむ絵。
    ダ・ヴィンチがイタリアに頼まれて描いたが、拒否された
    宗教画としての光の輪がない
    天使ガブリエルの背に羽がない

    ロンドンのナショナルギャラリーにある「岩窟の聖母」には
    輪も羽も描かれている。

    9位「グランド・オダリスク」 アンクル

    8位「レースを編む女」 フェルメール
    (24X21cmの小さな絵)

    7位「聖母子と幼き洗礼者聖ヨハネ」ラファエロ
    ルネッサーンス!
    ラファエロのいろづかいが好き。
    たけしさん大絶賛。

    6位「サモトラケのニケ」
    サモトラケ島から2000年ぶりに発掘されたそうだ。

    私が通っていた美大には、ニケ広場と呼ばれる場所があり、
    そこにはサモトラケのニケがあった。
     私はピンとこなかったけれど、武蔵美に通う友人から「ニケ広場いいよね」って
    言われて、そう?とぼんやり思ったものだった。
    ルーブル美術館に、その本物があったし、見たはずなのだけど・・・
    記憶がおぼろげだ。

    ------------------------------------------

    フランスとイタリア、オーストリアは深いつながりがある。

    メディチ家のことは、高校の世界史の先生が大好きで、授業で詳しく教えてくださった。
    先生は、崇高な感じの老紳士だった。
    高校の授業というよりも大学の講義を聴いているような感じ・・・と、
    高校生なのに思っていた。
    実際、大学に入ってからもそう思った。
    世界史だけど、美術のこともいっぱい教えてくださった。

    ------------------------------------------

    5位 ハンムラビ法典

    絶対見たくて、探した。
    古代ルームみたいな、地下だったかな?
    閉館時間になって、どんどん館内は電気が消され暗くなっていく。
    時間が過ぎても、時間内」に入った人が出るまで待っていてくれる
    なんて、日本だけ。(海外で、知る日本の良さ、ありがたさのひとつ)
    追い立てられるようにして、美術館を走って出た。

    4位 「皇帝ナポレオン一世と皇妃ジョセフィーヌの戴冠」ダビッド

    嘘だらけの絵。
    41歳のジョセフィーヌは20歳のような若さだし、ナポレオンは小男なのに大男
    出席してない母も描かれている。

    3位 民衆を導く自由の女神
    有名だし、本物みて感動。

    2位 ミロのビーナス
     綺麗。

    1位 「モナリザ」

    思ったよりも小さくて、え?!て思った。
    日本でみていたのは、もっと大きなポスターとかカレンダー・・・。
    人がいっぱいだと聞いていたけれど
    観に行った時は、そんなに人がいなくて、ゆっくり観れた。

    画像:「ガブリエル・アルノーの肖像」

    少女と猫の絵

    これは、たぶん見てない・・・。

    お土産やさんでも人気の絵葉書だそうだ。
    ・・・そもそもルーブル美術館でお土産を買っていない。
    入って買った日本語版のガイドブックだけ。
    そんな時間がなかった、、、。

    いつ行けるかなぁ・・・


    2017.03.29 Wednesday

    スポンサーサイト

    0

      21:03 | - | - | - | - | - |

      コメント

      コメントする









      この記事のトラックバックURL

      http://kanna-lacey.jugem.jp/trackback/539

      トラックバック

      ▲top