Obscure Desire Of kanna・Lacey

kanna・Laceyの密かな愉しみ

<< 魅惑のメニュー | TOP | 桜 2015 >>

2017.03.29 Wednesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    | - | - | - | - | - |
    2014.05.07 Wednesday

    アンディウォーホル展

    0
      アンディ.ウォーホル展
      5月3日
      @森美術館

      "In the future everybody will be
      World famous for 15 minutes."

      「将来、誰でも15分は世界的な有名人になれるだろう」


      Silver Cloud

      It was the perfect time to think silver.Silver was the future. it was spacey.... silver was
      also the past the silver ,Screen...
      And maybe more than anything , silver was narcissism.

      It makes no difference It's just decoration.

      But why should I'll be original?
      Why can't I"ll be non original?



      2月から、開催されていたウォーホル展
      いつものことだけど、まだまだ大丈夫…と思っていると、たいていギリギリ…学生時代の試験前の如し、、、
      思ったよりは、混んでいなくて、ガッツリ観てまいりました。

      ウォーホルといえば、マリリン・モンローやキャンベルスープ缶に代表されるシルクスクリーンや同じ画像の羅列が、有名です。それ以外では、音楽活動、映像…
      それが、はじめて
      ものすごく優れたデッサン力のある方だと知りました。(失礼、、、)
      ペンや鉛筆で、描かれた絵の素晴らしい事!!

      そして、著名人を写した写真。
      なかでも特に私がいいなと思ったのは、ミック&ビアンカジャガー、デボラ.ハリー
      若くて美しいし、表情もとても素敵だった。


      「タイムカプセル」と名付けた600個もあるという私的な書簡、雑誌、書籍などなどを入れた段ボール箱の中味300点もの展示。

      とにかく、内容が濃くて、大満足な展覧会なのでした。



      ※画像は、撮影場所限定okな、ウォーホルがペイントした車








      2017.03.29 Wednesday

      スポンサーサイト

      0

        01:20 | - | - | - | - | - |

        コメント

        コメントする









        この記事のトラックバックURL

        http://kanna-lacey.jugem.jp/trackback/543

        トラックバック

        ▲top